マリッジリングを選ぶときに知っておきたい基礎知識

マリッジリングの費用相場

夫婦であることを示すために2人が付けるマリッジリング。気になるのはどれくらいの値段がするのか、という点です。使われる素材や石の有無、デザインによってかかる費用は当然変わってきますが、1本10~15万円ほどの価格帯が多い傾向にあります。マリッジリングは普段ずっと着けているものなので、劣化したり紛失したりというリスクが付き物です。それだけに、一生に一度だからと奮発するエンゲージリングよりも、値段は現実的なところに収まる傾向にあります。

マリッジリングを選ぶときに知っておきたい基礎知識

手

素材の種類と選び方

マリッジリングを選ぶときにこだわりたいのが、リングの素材。素材によって変色のしやすさや硬さなどに違いがあるので、しっかりと違いを知ったうえで選ぶようにしましょう。マリッジリングの定番素材はプラチナとゴールドです。この2つには共通点があります。それは「加工のしやすさ」「変質、変色しにくい」「傷付きにくい」という3点。加工しやすい金属であるため、この2つの素材を使ったリングはとにかくデザインが豊富。自分好みのものを探せるということから人気が高くなっています。またずっと着けているマリッジリングだからこそ、硬く変質しないというのも大きな魅力になっているのです。この他にも、プラチナと似た輝きを持ちながら値段が手頃なパラジウム、カラーバリエーションが豊富で頑丈なジルコニウムなどの素材を使ったマリッジリングもあり、他とは違ったリングを求める層から支持を得ています。最近では木でできたリングも登場しています。

デザインを決める方法

普段ずっと着けているからこそ、デザインは慎重に選びましょう。マリッジリングは爪などが付いていないシンプルなデザインばかり、というイメージがありますが、実際にはそれぞれかなり個性があります。いろいろと見比べて、是非お気に入りのものを見つけてください。デザイン選びで注意したいのが、必ず2人で選ぶという点。「アクセサリーのことは分からないからお任せで」という男性も多いですが、自分が付けることになる指輪です。買ってから後悔しないためにも、お互いの好みなどを摺り合せておくことが大切です。

購入前に確認しておくべき点

実際に購入する前に、できれば金属アレルギーがないかチェックを受けておきましょう。特に男性は結婚するまで指輪を着けたことがない、という人も多くいます。買ってから判明したのではせっかく購入した指輪が無駄になってしまうので、念のため確かめておくと安心です。お店のサービスについても検討しておきましょう。サイズ直しや調整などのアフターサービスを無料で行ってもらえるかどうかは、必ず確認したいポイントです。

広告募集中